sublime text2 のカスタマイズ

Coronaの開発エディタとしてsublime text2を使っています。
ということで、sublime text2の設定についての備忘録です。

Corona Editorの追加
Package Control: Install Packageから「Corona Editor」を検索しインストールすれば追加完了。
デフォルトでF10でデバッグビルド、Shit+F10でデバッグ終了にキーが割り当てられています。
その他にドキュメント参照がついてたり、いろいろ便利そうです。

プラグインSublime Terminalの改変
Sublime Terminalでは、ファイルを右クリック[Open Terminal Here…]で
windowsの場合PowerShellが起動するのですが、
だいたいGitbashを使うことが多いので、Gitbashが起動するように修正しました。

修正コードはこちらohwakana/sublime_terminal (Fork)

使ってみてsublime text2は、まだしっくりきていません。。。
以前使ってたGeanyのように標準入出力のウィンドウが付いてたらいいんだけどなー。
Coronaでの作業に関しては特に不便はないので、作るものによりIDEと使い分けていきたいと思ってます。
(やっぱりGeanyに戻すかも。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">