corona SDKで広告を表示してみる(AdStir)

ad-demo
corona SDK でWebViewを使用して、画面下部に広告を表示してみました。

まず、配信管理(SSP)には「AdStir」を利用することにしました。
AdStirは管理画面が直観的で使いやすいです。
スマートフォンゲーム向けのDSP「GameLogic」と連携したとこので
ゲームコンテンツの場合は収益面も期待できそう。
http://gamebiz.jp/?p=129233

実装はとっても簡単!
広告表示用のHTMLファイルを用意し、native.showWebPopup()で表示するだけです。
(※Android動作は未確認)

ad.html(広告表示用)

main.lua

ソースはこちら
ohwakana/corona-ad-sample

ちなみにAdstirの管理画面はこんな感じです。
AdStirのCPC広告と、AMoAd,nendも申請済み。
カスタムネットワークで独自広告の配信も追加してます。
AdStir   配信比率設定

launchdのことを知らなかったMac初心者の話

nginxの設定を変えて、再起動しようとしたところアドレス既に使ってますメッセージが表示された。

あれあれ?nginxで使ってるみたいだけど。。

プロセスIDが変わっているので、再起動かかってるみたいで
stopしてもすぐに起動しているようだ。
それで色々調べていると、Macではlaunchdでデーモンを管理している事を知る。(なんてこった。)

launchctl から操作するのがよさそう。
再起動

停止

ロード・起動

今まで知らなかったなんて、、appleはlaunchdを推奨ってことで
init.dもrc.dもcrondも!廃止ということらしいです。
Macユーザーへの道のりは遠いなと思ったのでした。